ビーグレンが教える正しいニキビケア

ビーグレン開発者のブライアン・ケラーが3つの正しいケアを丁寧に解説してくれているので紹介したいと思います。もしかしたら、今までニキビに正しいと思っておこなっていたケアが実は逆にニキビを悪化させていたかもしれません。なにをしても治らないという人は一度日頃のケアを見なおしてみてください。

■ポイント1
肌を乾燥させない洗顔がニキビ改善の第一歩

×勘違いケア
肌に優しいと言われ今では主流になったモコモコ洗顔。実はモコモコの正体は界面活性剤です。界面活性剤の洗浄力と泡立ちは関係ないんです。洗顔料は昔に比べて洗浄力が強くなっているため、肌の汚れと一緒に必要な潤いを奪ってしまいます。そして肌の乾燥を招きニキビのできやすい状態にしてしまいます。

○正しいケア
ニキビの原因である毛穴の汚れや皮脂だけを除去してくれるのが天然クレイです。超微粒子で汚れをしっかり吸着しつつ肌の潤いを残してくれます。このクレイの働きはニキビケアに最適です。

■ポイント2
クレイの保湿力でニキビのできない肌つくりをする

×勘違いケア
化粧水でたっぷり保湿をしても、時間が経つと肌表面の水分は蒸発して同時に肌の中の水分まで一緒に蒸発させてしまうんです。化粧水選びを間違えると、逆に乾燥肌を招いて大人ニキビの特徴である繰り返しニキビを起こしてしまいます。

○正しいケア
天然クレイには、水分を抱え込む性質と閉じ込めた水分を逃さない性質があります。この逃さない性質というのは肌表面に超微粒子の皮膜を作りだす天然クレイならではの働きなんです。肌に十分な水分が保たれることで水分バランスが整い、ニキビのできにくい肌環境にしてくれます。

■ポイント3
炎症を抑えて、ニキビの進行を防ぎニキビ跡を残さないようにする

×勘違いケア
乾燥により毛穴に古い角質がつまり、肌の中でアクネ菌が繁殖して炎症を起こした赤ニキビが誕生します。このまま放置しておくと炎症が肌の奥まで進行しニキビ跡やクレーターになってしまいます。

○正しいケア
甘草エキスはニキビの炎症を抑える作用があり、ニキビ用の薬用化粧品に多く使われています。ニキビの炎症には甘草エキスで進行を防ぎ、ビタミンCと併用することでニキビ跡のケアをおこない綺麗な肌に整えてくれます。